HOME > リュッカティル用語集 > セラピューティックストレッチングとは

リュッカティル用語集

< ホームケアとは  |  一覧へ戻る  |  スウェディッシュマッサージとは >

セラピューティックストレッチングとは

セラピューティック(Therapeutic)とは治療的なとか健康維持に役立つという意味です。

ストレッチング(Stretching)は本来は伸張・のびることという意味ですが、ストレッチはすでに私達の生活に定着している言葉となっています。

ここではセラピューティック・ストレッチングとは『健康維持に役立つストレッチ』という意味で使っております。


セラピューティックストレッチングってどんなことをするの?

ストレッチは伸ばすことというのは多くの方がご存知かと思います。
ただストレッチ=伸ばされて痛いというイネージを持たれてるかたも多いでしょう。
また「自分で頑張って伸ばす」というイメージもあると思います。

セラピューティックストレッチングでは、『ゆっくり伸ばしながら可動域を拡げていき、身体のバランスを整えていく』ことを目的としています。
施術者が行っていくので他動的なストレッチですので、ご自身で無理に頑張って伸ばす必要はありません。

身体が硬いと思い込んでいませんか?
実はうまく動かされていない筋肉もあります。
その部分を上手く動かせるようになるだけで、身体の柔軟性もでて痛みが和らいだりすることもあります。

セラピューティックストレッチングはただ単に伸ばすだけでなく受動的ストレッチングやPNFトレーニングなどを組み合わせて柔軟性とバランスを整え、過ごしやすい身体を造っていきます。


自分でやるストレッチと何が違うのですか??

身体にはいつも動かされているところと動かされていないところがあるのはご存知ですか?
すぐに答えられる方は少ないと思います。
正しく理解していないと、伸ばされているところを更に伸ばしてしまい、伸ばしたほうが良いところを伸ばしていないこともあります。
それが歪みの原因となり、痛みを引き起こしている可能性もあります。

またご自身で行うストレッチにしても、個人個人で違います。
人によっては同じストレッチを行っても効果を感じる場合とそうでない場合があります。
人はそれぞれ身体が違います。
ストレッチもそれぞれに合ったストレッチのやり方や順番があります。
それを知っているのと知らないのとでは効果が全然違います。


< ホームケアとは  |  一覧へ戻る  |  スウェディッシュマッサージとは >

このページのトップへこのページのトップへ