HOME > 最新情報 > セラピューティックストレッチングについて少し詳しく。

最新情報

< お詫びとお願い  |  一覧へ戻る

セラピューティックストレッチングについて少し詳しく。

今さらですが
当サロンのセラピューティックストレッチングについて書いてみたいと思います。


スウェディッシュマッサージがストレッチングも含めたオイルマッサージであることは、さいさん説明してきたことではあるのですが
当初はオイルマッサージの中にストレッチングを含めていました。
正直動かせる部分は限られていますし、オイルマッサージ中にストレッチングを行うということを想像して施術を受ける人は、あまり居なかったのではないでしょうか?


オイルマッサージの良さは数多くありますが、それでも深部の筋肉を緩めるのには時間がかかりますし、どうしても手では触れない部分もありました。
また関節部分に関してはマッサージよりもストレッチングなど動かしたほうが効果的だと思うようになりました。


そこでストレッチングとオイルマッサージを分けて行うことにしました。
当初はPNFトレーニングをメインで行っていましたが、紆余曲折を経て今の形になりました。


PNFトレーニングは私が捻挫した時に外科の先生が取り入れていて、すごく良いなあと感じたからです。
たぶん捻挫のリハビリで行うことはあまりないのかもしれませんが、たまたまその病院がそういう環境であったのと、私の捻挫がこじれていたからだと思います。
その後たまたま日本PNFテクニック協会代表の辻 亮先生に学ぶ機会があったのです。


PNFトレーニングの概念は私に大きな影響を与え、今もその理論のもとにストレッチングを行っています。
もちろん必要だと思えばPNFトレーニングは行います。
では何故変えていったのかといえば、あるお客さまの一言でした。


「何故マッサージを受けにきたのに自分で動かなきゃならないの?自分で動くくらいならジムに行くよ」


まあ、その通りですよね(笑)。
リハビリで動かない箇所を動かすトレーニングならいざ知らず、ちょっと可動域に制限があるくらいならあえて自分で動きたいとは思わないですよね。
その言葉を受けて考えました。
「マッサージ屋に来て、ラクに受けられて、効率的なストレッチングってどうしたらいいんだろう」


そんな時に出会ったのが骨盤ストレッチです。
鍼灸師の中先生考案の骨盤ストレッチを学ぶことが出来ました。
骨盤だけでなく、身体のいろいろな箇所の効果的な緩め方について教えて頂きました。


そしてまた考えます。
この骨盤ストレッチとPNF理論をかけ合わせてみたら、もっと効率的ではないのだろうか?と。
そこで出来上がったのが当サロンのセラピューティックストレッチングです。


そもそも「セラピューティックストレッチング」という言葉は以前から存在します。
「治療のためのストレッチ」「身体的または心理的な健康の改善を促進することを意図して実施されるあらゆるストレッチ」を意味するそうです(ジェーン・ジョンソン著より)
のであれば、このストレッチもそれに当てはまるなあと思って名付けたわけです。


セラピューティックストレッチングは身体はもとより脳を意識して行います。
PNFトレーニングの求心性の神経に先に働きかけるよう誘導していく良さは残しながら、なるべくラクに受けてもらえるようにしました。
ただどうしてもトレーニングではないので、全く同じ効果とはいきません。
それをカバーするために「言葉」を利用することにしました。
なのでセラピューティックストレッチングの最中は、私はよく喋ります(笑)。
受けられた人は「よく喋るなあ」「なんでこんなに聞くんだろう」なんて思っているかもしれませんね。
実はとても意味があって喋っています。


またセラピューティックストレッチングは伸ばすことにあまり重点は置いていません。
例えば腰の動きがあまりよくないとします。
中には「頑張ればもっと伸びます(動きます)」という人もいます。
頑張って動いたとしても、正しい筋肉が動いていなければ何の意味もありません。
人の身体は頑張ってしまうものです。頑張って他の通常では使わないところがカバーしてしまうのです。
動かないところ・伸びないところはだいたいがその場所に原因はありません。
他の部分を調整すれば簡単に動いたり伸びたりします。不思議ですね。


自分の本当に痛い箇所・問題のある箇所を知る
のがセラピューティックストレッチングの最初の目的です。
問題を知ることにより解決へと導くのです。
特に慢性のものは長年の身体の使い方によるものが多いです。
端的にいえば身体の使い方は本人にしか直せません。というかそれが一番効率的です。
セラピューティックストレッチングはその第一歩というわけです。




< お詫びとお願い  |  一覧へ戻る

このページのトップへこのページのトップへ