HOME > 最新情報 > BLOG > 夏の疲れは意外と残っている

最新情報

< 夏にオイルマッサージを受ける時気になること  |  一覧へ戻る

夏の疲れは意外と残っている

やっと秋めいてきましたね。

9月は台風に地震といろんなことがありましたが、被災された方がなるべく早く健やかな日常生活がおくれますよう心よりお祈り申し上げます。


今年の夏は暑かったですね~。
毎年毎年暑くなってるかんじがします。今年は三度ほど熱中症になりかけました^^;
熱中症になりかけると、お水をいくら飲んでもすごく喉が乾くんですね。
あ!これはもしや!…と思い塩分を摂ったら持ち直しました。人の身体は不思議です。


さて『暑さ寒さも彼岸まで』なんて言葉もありますが、最近は夜中は随分秋らしくなってきました。
しかし・・・ここのところ気候の寒暖差がスゴいですね。
昨日は30℃、今日は20℃とか・・・。
いやいや10℃も違うと身体がついてこれません(-_-;)


最近身体がなんか重だるいってことはないですか?
さすがにあの夏の暑さ・この寒暖差、身体がついてこれません。
それに、夏の疲れいまだに残ってませんか?
実は身体は傷んでいます。

それが残ったまま寒い季節に突入すると、意外なところで調子を崩したりします。普段と違うとか。
頑張りがきかなくなったり、風邪をひきやすくなったり。
なかには思わぬ病気や怪我などを引き起こすこともあります。


まずはしっかり眠れてますか?
疲れが残っていると思ったより眠れていないものです。



まだ寒さが本格的になる前に『夏の疲れ』を取っておきましょう。

ゆっくりお風呂に浸かるとか(半身浴でなくてかまいません。湯船にはつかりましょう)
軽いストレッチを生活に取り入れてみるとか
できれば疲れない程度、全身を動かすことをオススメします。
老廃物を流していくイメージですね。



もちろんマッサージもオススメですよ。


身体がダルい時は寝て過ごしたいものですが(私もですよ 笑)
少し軽い全身運動をすると巡りがよくなって、よく眠れます。
良質な眠りは身体の回復力を高めます。


早めに『夏の疲れ』を解消しちゃいましょう!


カテゴリ:

< 夏にオイルマッサージを受ける時気になること  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

夏にオイルマッサージを受ける時気になること

湿度が高くて気温も上がり汗ばむ季節となってきました。

突然ですが
汗ばむ季節にオイルマッサージを受ける時気になることってありますか?


やはり一番気になるのは『施術をうけた後オイルでベタつきませんか?』ということかと思います。
中には『シャワーは使えますか?』というお問い合わせもあります。
申し訳ないのですが施術後にシャワーは付いておりません。


スウェディッシュマッサージに使うオイルは少量です。
『これしかオイル使わないのですか!?』とよく驚かれます。
身体の大きな男性(180cm以上の外国の方など)でも30ml程度の使用量です。
オイルの使用量は身体の大きさよりも、どれだけ吸収されるかの要素のほうが大きいですね。
むしろ乾燥肌などの肌が欲している方のほうが量使うことが多いです。


ということもあり、そんなにベタつくことはないのですが、それでもオイルの使用感は人それぞれです。
当店は足裏~脚はホットタオルでお拭きします。
それ以外はホットタオルをご用意してますので、気になるところにご使用ください。



それから最近気付かされたのですが
『汗をかいているので、申し訳なくて・・・』という方が意外と多いことです。


これは盲点でした。
私のほうが気が付かなくて申し訳ございません。


正直申し上げて、そんなに気にされなくても全然こちらとしては大丈夫なのですが
確かに汗をかいてるところを触られるのは、なんか嫌ですね^^;
ですので、始める前にもホットタオルをご用意いたします。
こちらからお声がけいたしますので、遠慮なくお使いください。




またオイルマッサージの施術の最中は冷房は使用しません。身体が冷えてしまいますので。
汗をかいた後というのは身体は冷えてきます。逆に冷えすぎないように対応しております。
もし施術の最中、暑くなってきた時はお知らせ下さい。


施術後は代謝もよくなります。
必ず水分補給をしてくださいね。



女性だとこのくらいの量の時もあります。




アメブロ更新しました。気になる方はぜひ!
『肩甲骨、外側に寄ってませんか?』



太ももの内側を鍛える

太ももの内側・・・
めちゃめちゃ気になるものの、鍛えにくい部位のひとつではないですか?


実際、私もそうです。

唐突ですが、私、X脚なんですね。


日本人はO脚の人が多いそうですが、海外(特に欧米)ではX脚のほうが多いそうです。

X脚せいか脚の疲れを私は非常に感じますね^^;


X脚のひとは「内転筋」を鍛えることが有効です。
いわゆる太ももの内側ですね。


今まではそれほど気にしてなかったのですが、一念発起して実験のつもりで鍛えてみました。
筋トレはナシで、「いかに他の運動に組み込んで負担を少なく行うか」を課題とし(単純に面倒くさがり)
自分の好きなウォーキングに組み込んでみました。


やり方は簡単です。
●歩く時に内ももを意識する。
●体重を外側にかけない。
●出来るだけ「大股早歩き」。


それで週2回30分から1時間程度歩きます。
早歩きなんで結構な距離歩けますし、終わった後は汗だくです。


それで半年やってみたら、見事内ももに筋肉がついていました。
私の場合は太ももに脂肪がかなりついていました(立った時と座っている時の差がすごかった!)
今では座っても立っていてもあまり差はないですし、ふにゃっとした柔らかさはなくなりました(女性としてどうなのかは別として^^;)


私の場合はウォーキングは好きで必ず行うので、その中に組み込んでみましたが
通勤の時などの”ながら時間”でも十分可能だと思います。
その時に大切なのは
「体重を外側にかけないよう、内ももを意識すること」です。
意識しないと人の身体はラクなほうに向かってしまいます。
筋力のある側に頼ってしまいがちです。
鍛えたいところと意識するだけでも違ってきますので、ぜひ活用してみて下さい。


身体の調子はいつも一定ではありません。
疲れていても続けられるよう、物足りないくらいでも長く続けることが重要です(体調の悪い時はダメですよ!)
できるだけ生活の一部として取り込めるのがいいですね。習慣化するのが一番ラクです。


鍛えるといえば上半身のことが多く聞くような気がしますが、脚こそ鍛えるべきじゃないのかなあと思います。
男性でも最近では筋力不足の人も少なくないですしね。脚が細いほうが格好よいという流行りのせいでしょうかね。
個人的には見ていて腰痛が心配になります^^;
意外と知られていませんが、脚が腰痛の原因であることは少なくありません。


いつまでも元気に歩けることが今の自分の目標です。
今は太もも裏をもう少し鍛えたいなと思っています。
またラクにできる方法を試してみて報告したいと思います(*^^*)


症例記事更新しました。(腰痛編)

サイト内の症例記事を更新しました。

意外と分かりにくいところにあるので^^;
こちらで紹介しますね。


症例記事 首こり 手指のむくみ 慢性腰痛

まだ数は少ないですが、少しずつ増やしていく予定です。



illustration by フリーメディカルイラスト図鑑



身体が柔らかくなると運動したくなる

アメブロ更新しました。
「腰痛の原因は痛い場所とは限らない」


ブログにも書きましたが、夜と昼の寒暖の差で何かと不調な人も少なくないのではないでしょうか?
今の時期はまだ暑さに身体が慣れていないので、けっこう暑さが身体に堪えるそうです。


さて
最近、運動療法が脚光を浴びてきているようですが。
最近見たテレビ番組でも運動することのメリットについて語られていました。
その中でもちょっと驚いたのは「人工透析と運動療法」を組み合わせた治療でした。
人工透析と運動は最もかけ離れたものだと、勝手に思い込んでいたからです。
その番組では人工透析中に下半身の筋力強化のための運動を組み合わせていました。
もちろん医師の指導のもとでです。


何で筋力強化?と思った人もいるかと思うので補足ですが
二次的に病気になることを防ぐためだそうです。
腎臓が悪くなる一因として、高血圧や糖尿病があり
それによる他の病気を予防する意味合いもあるそうです。


また最近では、アルツハイマーの予防のために運動が良いということも知られていますね。



当サロンは
「運動をあまりしない・苦手な方のためのセラピューティックストレッチング&スウェディッシュマッサージ
を掲げているのですが
何故か身体がラクになると「何か運動始めようかな~」というケースが多いです。
不思議ですね(笑)



でも
よく考えてみれば、何となく分かる気もします。
今まで運動を避けていたのは動かそうと思っても怠かったから。
苦手だったのは身体が動かなかったから。
そういう機能的な理由もあるのではないかと思います。


身体が硬いという言葉がありますが
本当に先天的に硬い人というのは、あまりいないのではないかと思っています。
筋肉が硬くなっていたり、骨盤の位置のせいで身体がうまく曲がらなかったりすることのほうが多いと思います。
今まで動きが悪かったのに、思い通りにイメージどおりに動くとなったら、それはそれは楽しいことだと思います。
それは動かしてみたくなりますよね!


運動がいいとは知っているんだけど・・・
運動しなきゃと思っているんだけど・・・
なかなか一歩が踏み出せない人は、まずは身体を自由に動かせる身体作りから始めるべきです。
何事も順番がありますからね。
一気に難しいことをやろうとしても、逆に身体を傷めたりして、すっかりやる気を失ってしまいます。


運動を始めた人は準備運動ももちろん大切ですが(怪我をしないためにも)
アフターストレッチも念入りに行って下さいね!



illustration by フリーメディカルイラスト図鑑



嬉しいできごと

GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?
天気にも恵まれていましたね。
私も久しぶりに芝居を観に行ったり、犬を洗ったりしていました(笑)
今週は休み明けでツラい・・・という人も多いのではないでしょうか?

GW中に嬉しいできごとがありました。

Lycka tillに通ってきてくださっている方に赤ちゃんが産まれました!

妊娠前から身体を診せていただいていましたが
妊娠後~出産直前までお付き合いさせていただいたのは、大変貴重な経験でした。
おかげですっかりおばあちゃん気分です(*^^*)



安定期~臨月までの妊婦さんをピンポイントで施術することはありましたが
今回は妊娠前に身体を整える重要性を改めて気付かされました。
また今の出産事情を知ることが出来ました。昔とはだいぶ違うんだなあと。
今は体重管理がとっても厳しいのね・・・!


ただ
妊娠中の体重管理が厳しいからって、出産後も安泰かというと、それはまた別物なのですね。


ちなみに出産後の骨盤の開きが気になる場合、いつから整えたらよいかというと
出産後2ヶ月以降~2年くらいが目安です。
やはり出産後の骨盤は開きやすくなっています。
骨盤を一旦整えても開きやすくなっていますが、正しい位置に何度も整えていくことにより、徐々に身体に覚えさせていくかんじになります。
2年過ぎても問題はないのですが、正しい位置に整うまでには時間が余計にかかってしまいますね。
もちろん2年間の間に骨盤が正しい位置にない原因で、余計なところにお肉がついてしまう可能性もあります^^;



今回はだいぶアロマのお世話にもなりました。
アロマのチカラというのは、まだまだ知られていないのかもしれません。
もっと知られるようになれば、もっと快適に過ごせると思います。
妊娠中だけでなく、育児で疲れた時にもじゅうぶん味方になってくれるのではないかと思います。





このページのトップへこのページのトップへ